スローコミュニケーションプロジェクト

ゆっくり伝える、ゆっくり受け取る。
すべての人の“伝えたい”が歓迎される社会へ。

まちのコミュニケーションに、「スロー」を。

「店員さんに伝えたいことがわかってもらえず、長蛇の列ができて焦ってしまう」

「オーダーのときに筆談をお願いすることも、“申し訳ない”と思ってしまう」

「細かな注文は伝わらないと諦めて、いつも“わかったふり”をしてしまう」

 

スローコミュニケーション・プロジェクトは、
聴覚障害者の方のこんな声から始まりました。

想像力を膨らませてみると、このような困りごとは、聴覚障害に限らず、耳の遠くなったお年寄りや、精神的ストレスから対話に困難を抱える人、外国語を話す方、恥ずかしがり屋の子どもにだって、共通していることが見えてきます。

私たちは考えました。

「どんな人でもためらうことなく、お店に足を踏み入れるために必要なものはなんだろう?」

 

たどり着いたひとつの答えが
「スローな心」

 

たとえ手話ができなくても
英語が話せなくても
お店の人やお客さんが
あせらず、いそがず、ゆっくりと、
目の前の人の“伝えたい”に真摯に耳を傾けてくれれば、「ためらい」や「あきらめ」の気持ちは、きっと消えていく。

まちの人の心にも、小さなゆとりが生まれ、
人々の間に温かくて健やかなつながりが育まれていく。

いつしかまちに、誰もがお互いの表現を、
存在そのものを、祝福しあえる文化が育まれていく。

 

手話、筆談、言語、指差しといったあらゆるコミュニケーション手段を歓迎する包容力あふれる社会・文化を育むため、2021年5月、神奈川県茅ヶ崎市から小さな種まきをはじめました。

 

目印は、スローな心を表す
「スローコミュニケーションマーク」。

まちの店頭で目にしたら、どうぞ足を踏み入れてみてください。

あなたの小さな一歩から、社会は動きはじめます。

 

発起人:一般社団法人 4Hearts デザイン:株式会社ボンド ライティング:池田美砂子

 ――――――――――――――――――

 

こちらにご賛同下さると嬉しいです。

・接客の際、1 人 1 人のコミュニケーション方法に対応する余白を持ちましょう。
(高齢者、子ども、聴覚障害・言語障害をはじめとする様々な障害者、外国人など、コミュニケーションが困難・ゆっくりした方への対応)

・コミュニケーションボード、指差しメニュー、簡単な接客手話、筆談、音声認識などコミュニケーション手段の選択肢をたくさん持ちましょう。

・茅ヶ崎市をトリガーに『スローコミュニケーション・プロジェクト』を全国に広めていくこと。

 

ご賛同店舗にはコミュニケーション方法や手話、どのような人がいてどんな困りごとがあるのか、どんなツールを準備できるのかを知って頂く機会を、後日設けたいと考えています。


そして、それらをご理解・導入いただける店舗には、店舗貼付ステッカーを配布したいです。
あわせてステッカー配布店舗がわかる一覧を作りたいです。

 

最初は茅ヶ崎市から少しずつ広げていきたいと思っています。あたたかい応援しあう風土のある茅ヶ崎だからこそ、できると思いました。

現在、マークや認知活動のためのスタートに準備をしている所です。

ご賛同下さる茅ヶ崎市の店舗様を、これから募って行きたいと思っていますので、その際はよろしくお願い申し上げます。